クセジュ Que sais-je ?

私は何を知っているだろうか。

上神谷のこおどり002

どうも,ウルフマンです。

前回「上神谷のこおどり001 - クセジュ Que sais-je ?」からの続きです。

 

よう分からんかった言葉の意味を調べて理解を深めようということですが,片っ端からコトバンクで検索してみた結果,こんな感じでした。

雨乞踊(あまごいおどり)
民俗芸能の一つ。干魃のとき降雨を祈って踊る踊り。本来臨時に行なわれるものであるが,踊りを絶やさないために鎮守の祭りなどに例年行なうところもある。また雨が降るとお礼踊を踊るところもある。多くは太鼓踊で太鼓や鉦の響きが雷鳴に擬せられ,その音が雨を呼ぶと信じられた。雨乞踊には念仏踊や風流(ふりゅう)の獅子舞,太鼓踊などがあり,水辺や山頂,氏神の社などで大勢の男たちによって踊られる。

https://kotobank.jp/word/雨乞踊-27141 「コトバンク」より引用

まぁ読んで字の如く雨を乞うための踊りな訳だけど,

ある年にある村では

「今年は雨があんまり降らへんし,いっぺん踊ってみよ。」

その結果雨が降った

「踊りスゲエ,踊ってお礼しよ。」

次の年

「今年も降ってほしいし,踊っとこ。」

当然降る年もあれば,降らない年もあるが,

「踊っとかんとなんか不安やし,踊っとこ。」

てな具合で習慣になり,踊りと降雨の相関から技能の差がどうのこうのみたいなことになって,やがて芸能になっていくのだろうか。

科学とかが未発達だと,起こった事実に対するこじつけ,ストーリーがどこか可愛いい。わかる,わかるそりゃ踊ってまうよなとなる。

 

その踊りにも色々あるようで,引用文の中にも「風流」という言葉が出てくる。

 

これもコトバンクに頼むとこう返してくれた。

風流(ふりゅう)
 京都の祇園会の山鉾,日立市神峰神社の〈日立の風流物〉に代表される作り物の風流はもとより,風流踊の系譜を引く太鼓踊・羯鼓踊(かつこおどり)・花踊・雨乞踊,囃子物の伝統である鷺舞などの動物仮装風流,胸に羯鼓をつけた一人立ちの獅子舞・鹿踊(ししおどり)をはじめ,念仏踊(踊念仏)や盆踊など,全国の民俗芸能には風流の精神を受け継いだ芸能が多い。民俗芸能を分類する場合,それらを一括して〈風流系芸能〉と称するが,その芸態は一様ではない。ただ民俗の心意伝承の中に,人に害をなす悪霊や疫神を追い払うにあたり,華やかに飾りたてた神座(神籬(ひもろぎ))を設けてそこに迎え,笛や太鼓で囃したてて生活圏外に追い出すという思想があり,風流系の芸能が広く伝播(でんぱ)する背景ともなっている。…

https://kotobank.jp/word/風流系芸能-1408442 「コトバンク」より引用

まず,「ふうりゅう」ではなく「ふりゅう」ね。となる。

どうやら,踊り,民俗芸能の種類にもいくつかあって,太鼓叩いたり動物の仮装したりしながら踊る踊りは「風流」となるみたい。

 

他に分類されている芸能も気になるし,この辺りは民俗芸能の本質を理解する上で大事な定義な盛り沢山な気がするので,続きは次に。

 

上神谷のこおどり001

どうも,ウルフマンです。

身の回りの伝統や習わしを調べることが割と好きで,道端の石碑なんかは大体ググるようにしている。今調べていることもここに記録しておこう。

 

私の住む堺には,国・記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財選択,大阪府指定無形民俗文化財に指定されている「上神谷のこおどり」というものがある。

 

軽い気持ちでググるGoogleはこう返してくる。

上神谷(にわだに)のこおどりは、鉢ケ峯寺(はちがみねじ)の氏神・國神社(くにじんじゃ)の旧暦8月27日の祭りに若衆によって演じられていた踊りです。
かつて和泉地方に多く見られた雨乞い、雨礼踊りとして行われたものですが、秋祭りの芸能としても毎年行われていたようです。
鬼が数十本の紙花(ヒメコ)を挿して背負った竹籠や、ここで歌われる踊り歌などに、室町時代の風流踊りの影響がうかがえます。
國神社が、明治43年(1910年)に片蔵の櫻井神社に合祀されてからは櫻井神社の秋祭りで毎年の10月5日に近い日曜日に演じられています。
現在、堺こおどり保存会によって地域の小中学生への伝承活動が積極的に行われ、伝統あるこおどりの保存が図られています。

f:id:peeeki:20210924012147j:image

https://www.city.sakai.lg.jp/smph/kanko/rekishi/bunkazai/bunkazai/shokai/bunya/minzoku/koodori.html 堺市HPより引用)

実は私自身,実際の祭りを観たことはないのだ。今年は観に行きたいなぁと思っているけど,コロナの問題もあってどうしたもんかな。

 

ともあれどのように理解を深めていけば良いのか思案した結果,まず言葉の意味で分からないものが複数あるので,それを潰そう。

具体的には

・雨乞い

・ヒメコ

・風流踊り

この辺りから理解を深めることで知見も拡がるのではないか。この続きはまた。

アウトプット大全

どうも,ウルフマンです。

最近は要約アプリ " flier " を使ってビジネス書の要約を聞くのにハマっている。耳から情報を入れるのは目から情報を入れるのと少し違って新鮮だ。直接取り込んでる感じがいい。

f:id:peeeki:20210923215908j:image

その中で「アウトプット大全」を読んでみたので,その内容をまとめて記録する。

本書を選んだ理由は,私はアウトプットを継続していくことがニガテだから。本書をきっかけに少しでもアウトプットすることを続けていければいいな,というふうに考えたためこの本を選んだ。

 

早速オーディオで本書を聞いた中で大きなポイントは2つあった。1つ目は物事を継続していくための方法について。2つ目は具体的にどのようにアウトプットするとアウトプット初心者にとって有効かといった内容である。

早速,1つ目の継続していくための方法から順に記載すると,要点は5つあると著者はいう。

1.今日やる,今やる,ことだけ考えること

2.楽しみながら実行する

3.目標を細分化する

4.結果を記録する

5.結果に対してご褒美をあげる

このような具合だ。

正直いうと,使い古された内容ばかりであったように思う。今も書きながら思っている。

ただし、1.は自分の経験と照らし合わせてうん,うん,と納得した。

 

例えば私は週1回のランニングを必ずするようにしているが,どうしても億劫になることがある。そんな時,とりあえずランニングウェアに着替えて外に出てみる。次にとりあえず5分だけと思って走り出すと,最終的にはだいたい目標にしているくらいランニングすることができる。

 

たぶん私は「とりあえず」を巧く使ってタスクを細分化してモチベーションを維持し,実行しているというわけだ。

 

次に2つ目の有効なアウトプットの方法であるが,著者によるとそれは日記と読書感想文らしい。その理由は忘れてしまったが,それでさえ挫折してしまっている人が沢山いると思うし,私もその1人である。

本書の全般的にいえることは内容として新規性が乏しい。新しい切り口やハウツーになにか新しい提案があればよかった。主張はしごく真っ当というか既に世の中に広く認識されていることばかりなので,わざわざそのエビデンスにページを割かなくて良いだろう。

もう少し目からウロコなやつを期待していたので残念やったけど,当たり前のように続けて行くことになにか特別な方法や考え方はないのかもなぁとも思った。少しずつ自分で続けていけるやり方を鍛錬していくしかないんやなと。

 

自己紹介

はじめまして。ウルフマンといいます。

 

齢40間近のオジサンの徒然なる駄文も,未来の歴史学者にとっては貴重な資料になるやもしれないので,恥を忍んでカッコつけずに書いていこう。

 

ブログ名の「クセジュ Que sais-je ?」はコトバンクによると

フランス語で「私は何を知っているだろう」の意。16世紀の思想家、モンテーニュの主著「エセー」の中の有名な一文から。ジャン・パトゥが同年発表した「愛の三部作」と呼ばれる香水シリーズのひとつ。

「愛の三部作」の香水はさぞかしエエ匂いがするはずだろう。

しかし,当ブログとは全くの無関係である。このブログから香水の匂いがするようなら,一旦耳鼻科でいいと思うので受診されることをお勧めする。耳鼻科だけで済むとは思えないが。

 

モチのロン,モンテーニュからお借りした。

f:id:peeeki:20210922215035j:image

モンテーニュモンテーニュ城で産まれてモンテーニュ城で亡くなった。そして,マリリン・マンソンマリリン・マンソンから脱退した。

 

16世紀ルネサンス期の思想家の彼は懐疑主義者であり,寛容の精神を重んじた人であったと言われている。

 

自らの思い込みを疑い,独断的な思考や判断を避けながら多様性を理解し,受け入れて日々過ごすことを理想とする。

 

そんな想いを込めてお借りした次第です。